【火災保険とは】

火災保険とは、建物や家財などの財産が、
火災をはじめとする災害で損害を受けたときに、
その復旧のための費用をお支払いする保険です。

ただし一口に火災保険といっても、
地震や水害などさまざまな事故をカバーします。

普通火災保険

住宅火災保険とほぼ同じ内容の損害に備える保険です。

店舗・事務所等の建物とその建物内の動産が対象となります。損保各社とも、店舗用、工場用など対象に応じて細かな特約をそろえているようです。

住宅火災保険

火災・落雷・破裂または爆発・風/ひょう/雪災による損害とこれらの保険事故に伴って生じるいろいろな費用に備える保険です。 水害は補償されません。住居のみに使用される建物と、それに収容される家財が対象となりますので、住宅の一部をオフィスとして使用している場合などには注意が必要です。


特約火災保険

住宅金融公庫等の公的融資制度を利用して住宅を建設・購入・リフォームした人が加入できる火災保険です。公庫の融資金の全額を返済するまでの間、抵当権の目的である融資住宅などに付けるもので、民間の保険と違い利益最優先ではないので、保険料が安くなっています。

借家人賠償責任保険

アパートやマンションを借りている人が火事を起こしてしまった場合、家主の損害には失火法は適用されず、民法の不法行為責任が問われます。