【超過保険】

保険金額が保険対象の実際の価額(保険価額)を超過する保険のことを超過保険といいます。

保険契約者に故意または重大な過失がないときには、保険料の一部の返還を保険会社に求めることができます。